【図書室】Web/トリプルメディアマーケティング

Share on Facebook
Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

前回の記事でメディアミックスという単語を使った流れで、
某企業の広報室に在籍していた際、読んだ本をご紹介。

トリプルメディアマーケティング ソーシャルメディア、自社メディア、広告の連携戦略
横山隆治 著 /2010年発刊

この書籍で評価すべきところは、なんといっても分かりにくい業界用語を可視化し、
分かりやすく図式化している事にある。
企業の体質として、なかなか専門用語が公用語として使われず、
噛み砕き、誰でもわかる言葉でやりとりされる。

それでも分かりにくい言葉は可視化し、図やイラストなどにする。

↑分かりやすい

たまたま手に取ったこの書籍には、図式化する際のポイントがたくさん詰まっており、
どのような考え方をして、どのような説明をすれば良いのか、大変分かりやすかった。

そもそもの、「メディアミックス」と言えば、
いまやマーケティングでははずせないSNS(twitter・Facebook)との連携を
事例とともに綴っている。

今の時代は、消費者の力がとても強い。
広告代理店がいくら頑張っても、消費者のクチコミ一つが
メーカーのブランドを左右するといっても過言ではない。

消費者とのコミュニケーションをコントロールできる企業が、
商品のブランドを、企業価値を上げるのかもしれない。


図の参考には「スライドシェア」などもお世話になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>